お問合せ Q&A リンク サイトマップ
埼玉医科大学総合医療センター放射線科
画像診断科・核医学科放射線腫瘍科画像診断および放射線治療機器学会・研究研修案内入局・転科募集インタラクティブ画像診断コーナー医局員だより放射線科スタッフ
Home >> 学会・研究 >> 研究 >> 2012

 

 

学会・研究

業績

研究 2012年

 

論文(和文)

論文(英文)

 

 

論文(和文)

原著

  1. 髙橋健夫. 放射線療法. がん骨転移のバイオロジーとマネージメント. 米田俊之編. 225-233、2012. 医薬ジャーナル社
  2. 中田桂、清水裕次、長田久人、岡田武倫、大野仁司、栁田ひさみ、渡部渉、河辺哲哉、上野周一、本田憲業.131I-MIBGシンチにて診断された無症候性褐色細胞腫自然破裂の一例.日本画像医学雑誌.29(2)125-129、2012
  3. 本田憲業、長田久人、清水裕次、奥真也、髙橋健夫、新保宗史、松田恵雄、黒田裕幸、市川賢一.核医学画像診断における非DICOM情報のDICOM化による統合.臨床核医学.46(2)21-22、2013

教科書、単行本、著書

  1. 髙橋健夫.特集:転移性脊椎腫瘍に対する最新治療戦略 転移性脊椎腫瘍に対する放射線療法NOW.整形・災害外科. 55(9)1075-1082、2012
  2. 髙橋健夫.緩和Ⅰ脳転移.放射線治療計画ガイドライン 2012年度版. 日本放射線腫瘍学会編 (共著;髙橋健夫).277-279、2012.金原出版
  3. 本田憲業.第4章 2.磁気共鳴画像.医学スーパーラーニングシリーズ呼吸器病学.68-71.丸善出版
  4. 本田憲業.第4章 3.血管造影検査、核医学検査.医学スーパーラーニングシリーズ呼吸器病学.71-75.丸善出版
  5. 髙橋健夫(翻訳). 腫瘍の増殖と放射線に対する反応、 放射線治療と化学療法の併用. 臨床放射線生物学の基礎(安藤興一、中野隆史. 監訳). 78-101、246-258、 2012. エムプラン社

総説

  1. 本田憲業.診療に役立つ核医学の基本-専門医試験も見すえ-「肺の核医学」.臨床核医学.45(3)40-45、2012
  2. 髙橋健夫.特集画像誘導放射線治療の進歩 はじめに.臨床放射線.57(4)479-481、2012

このページのトップへ▲

 

論文(英文)

原著

  1. Sato Y, Ebara T, Sunaga N, Takahashi T, Nakano T. Interaction of radiation and gefitinib on a human lung cancer cell line with mutant EGFR gene in vitro. Anticancer Res 32(11):4877-4881, 2012
  2. Ebara T, Kawamura H, Kaminuma T, Okamoto M, Yoshida D, Okubo Y, Takahashi T, Kobayashi K, Sakaguchi H, Ando Y, Nakano T. Hemithoracic intensity-modulated radiotherapy using helical tomotherapy for patients after extrapleural pnemonectomy for malignant pleural mesothelioma. J Radiat Res, 53(2): 288-294,2012
  3. Musha A, Yoshida Y, Takahashi T, Ando K, Funayama T, Kobayashi Y, Negishi A, Yokoo S, Nakano T. Synergistic effect of heat shock protein 90 inhibitor, 17-allylamino-17-demethoxygeldanamycin and X-rays, but not carbon-ion beams, on lethality in human oral squamous cell carcinoma cells. J Radiat Res, 53(4): 545-550, 2012
  4. Subedi KS, Takahashi T, Yamano T, Saitoh J, Nishimura K, Suzuki Y, Ohno T, Nakano T:Usefulness of double dose contrast-enhanced magnetic resonance imaging for clear delineation of gross tumor volume in stereotactic radiotherapy treatment planning of metastatic brain tumors: a dose comparison study. J Radiat Res, 54(1) : 135-139, 2013
  5. Yanagita H, Honda N, Nakayama M, Watanabe W, Shimizu Y, Osada H, Nakada K, Okada T, Ohno H, Takahashi T, Otani K. Prediction of postoperative pulmonary function: preliminary comparison of single-breath dual-energy xenon CT with three conventional methods.Japanese Journal of Radiology, DOI 10.1007/s11604-013-0202-z, 2013年3月9日掲載受理

総説

  1. Takahashi T, Saitoh J, Okonogi N, Okazaki A. Role of hyperthermia in the treatment of gastrointestinal cancers. Thermal Medicine 29(1):25-36, 2013

 

このページのトップへ▲